FC2ブログ
フジテレビドラマ ラストフレンズ
フジテレビドラマ 「ラストフレンズ」(長澤まさみ/上野樹里/瑛太/錦戸亮/水川まさみ 出演)について語るブログ/特ダネ/特選情報
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



最近の記事



全記事タイトルリンク一覧

このブログの全記事を一覧形式で表示できます

全ての記事を表示する



FC2ブックマーク



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

ミチルカ

Author:ミチルカ
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第8話(3)セリフ
上野樹里(岸本瑠可)のジーンズは"RED PEPPER"!!


話題のジーンズREDPEPPER


上野樹里(岸本瑠可)着用の”インパクティスケリー”販売店
eighty-six



「ラスト・フレンズ」衣装協力している” MORGAN”販売店
JiJi


セレクトショップ ディディズ

Fata Morgana cashmere


フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第8話(3)セリフ

セリフ・ストーリーを完全に再現します!

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」

第8話「最後の手紙」

【3】

スタジオ


あちらこちらでモデルの写真撮影が行なわれている。カメラマンの後ろにタケル(瑛太)とミチル(長澤まさみ)が立っている。タケルはボーっとしている。

「そう!」

と、モデルに声をかけながら写真を撮るカメラマン。すると、モデルが、

「ねえ、てかってない?」

と、メイクの状態を気にする。タケルはボーっとしていて、モデルの声に気が付かない。

「おい!タケル!何やってんだよ、早く抑えて」

カメラマンに怒鳴られ、我に返る。

「あ・・・あ、はい」

モデルのメイクを直すタケル。

(つづく↓-READ MOREをクリック)
昼休み。タケルが一人、スタジオの隅に座っている。背中に哀愁が漂っている。

「タケル君、横いい?」

ミチルがタケルの横に座った。

「よいしょ」

座ると、カバンから弁当を取り出して、タケルに手渡す。

「お弁当、食べて」
「いつもありがとう」
「忙しいと、つい、食べるの後回しになっちゃうでしょ?でも、ちゃんと栄養とか摂っておかないと、体に毒だから」

タケルは弁当箱のフタを閉めてしまう。

「あとで食べるよ」

元気がなく、食欲がない様子のタケル。ミチルが心配そう。

「今日、もう帰っていいよ、ミチルちゃん。残ってても、もう仕事ないと思うし。先に帰ってていいよ」

ミチルは落ち込んだ様子で、

「私じゃ、役に立たない?今日、タケル君、ずっと変だよね。何かあるなら言ってほしい」

タケルはしばらく沈黙するが、重い口を開いた。

「ルカが家を出て行くんだ」
「え?」
「福生で一人暮らしするんだって」
「そんな・・・どうして?」

ため息をついて・・・

「分からないよ、俺にも」


長澤まさみ(藍田美知留)の衣装協力をしている”ジュスカ”取扱店
Lui Chantant




シェアハウス


ルカ(上野樹里)が部屋で誰かと電話をしている。引越し関係の電話。

「はい、4時ですか。わかりました。荷物まとめときます。お願いします」

電話を切ると、エリ(水川あさみ)がノックした。

「ルカ」
「ん?」
「あの・・・ちょっと、いい?」
「うん」


シェアハウスの庭


金属製のバケツに、宗佑(錦戸亮)の手紙を放り込むルカとエリ。

「いいんだよね、これで」
「うん。こんなもの、ミチルに見しちゃいけない」
「そうだよねー。でもなー。うーん。私はさ、『絶対の愛』とか信じないわけよ。今までいろんな男と付き合ってきたじゃん。いっときはパーっと盛り上がっても、終わってしまうと『何だったんだ、あれ?』って思うしさ。だから私は、『ずーっと愛して』なんて言わないし。うん。そんなこと相手に求めるのヤボだって思ってた。でも、この手紙読んでると、なんかさ、『絶対変わらない愛』みたいなのが、この世のどこかに存在するかもって思えてくるんだよね。不思議なことにさ。うーん・・・」
「バカだな、エリ」
「バカ?やっぱそう思う?」
「うん。自分が苦しいからって、好きだ好きだっていう気持ちをこんな風に、叫び散らすのって愛だと思う?時には自分の気持ち抑えて、相手のために引けるのが愛だと思うけど。さ、火つけよう」

ライターで手紙に火をつけるルカ。「愛してる」と書かれた手紙が燃えていく。それをバケツの中に投げると、宗佑の手紙が炎に包まれる。


宗佑の病室


宗佑が立ち上がる。松葉杖を用意し、紙袋を持って、外出しようとしている。そこに看護師がやってきた。

「及川さん、何してるんですか?まだ退院はできませんよ」

そう言われ、苛立つ宗佑。紙袋の中身は何なのか・・・?


上野樹里(岸本瑠可)着用の”インパクティスケリー”販売店
eighty-six




シェアハウスのダイニング


宗佑の手紙を燃やしたエリとルカがダイニングに戻ってきた。すると、ミチルが帰ってきた。血相を変えて走ってルカのもとへ。

(ルカ)「あ、おかえり」
(エリ)「おかえりー」
(ミチル)「ルカ、ここを出て行くって本当なの?」
(エリ)「・・・え?何それ。ホントに?」

何も知らないエリは、ミチルの言葉にびっくり。

(ルカ)「うん。もう契約してきた。明後日引っ越すよ」
(エリ)「すごい急じゃん、どうして?」
(ルカ)「うん、いろいろあるんだよ」
(ミチル)「みんなで仲良くやってきたのに。どうしてなの?」
(ルカ)「そういうのに飽きた。人と合わせるのが・・・面倒になったんだ」
(ミチル)「私、ルカがいないとやっていけない。心細いよ」
(ルカ)「タケルがいるじゃん。エリもいるし。大丈夫だよ」
(ミチル)「大丈夫じゃないよ!」
(ルカ)「大丈夫になってもらわないと困るんだよ!あんたの面倒、一生見きれないから」

泣き出しそうなミチルを一喝するルカ。そして、自分の部屋に入っていった。ミチルはショックで気が動転している。


夜。ミチルがベットの上で座っている。動揺して、まったく眠れる様子ではない。部屋を出てダイニングへ行く。するとそこにはタケルが・・・。夢遊病者のように、呆然と立っていた。目の焦点が合っていない。ルカの青いマグカップを磨いていた。それを見たミチルはそっと部屋に戻ろうとするが、手がドアにぶつかり、タケルに気付かれてしまう。

「ミチルちゃん?」
「あ・・・眠れなくて」
「ハーブティーいれようか?」
「うん、ありがとう」

テーブルの上にはミチルの作った昼の弁当が手付かずのまま置いてあった。

「あ・・・食べられなかった?」
「あ・・・ごめん。食欲がなくて」
「ルカのことが気になって?」

タケルの動きがピタリと止まる。

「タケル君って、もしかしてルカのこと・・・」
「・・・・・・」
「あ、なんだ、そうなんだ、やっぱり。あ、だったら私、あんなこと言わなきゃよかったな・・・」
「あんなこと?」
「『好きになってもいい?』なんて・・・。困ったでしょ?ごめんね」
「困りはしないよ。ミチルちゃんが、優しい気持ちで言ってくれたのは、分かってるから。それに、ルカの気持ちは、俺にはないし・・・」
「何でルカは行っちゃうんだろうね。どうして一人になろうとするんだろう?」

(つづく)
フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」より


「ラスト・フレンズ」衣装協力している” MORGAN”販売店

JiJi


セレクトショップ ディディズ


Fata Morgana cashmere


スポンサーサイト

テーマ:ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lastfriends.blog71.fc2.com/tb.php/105-5b4aed51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。