フジテレビドラマ ラストフレンズ
フジテレビドラマ 「ラストフレンズ」(長澤まさみ/上野樹里/瑛太/錦戸亮/水川まさみ 出演)について語るブログ/特ダネ/特選情報
カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最近の記事



全記事タイトルリンク一覧

このブログの全記事を一覧形式で表示できます

全ての記事を表示する



FC2ブックマーク



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

ミチルカ

Author:ミチルカ
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第10話セリフ(3)
「ラスト・フレンズ」の衣装が多数使用されている"haco."

あの衣装がここにあるかも!


フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第10話セリフ(3)

セリフ・ストーリーを完全に再現します!

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」

第10話「最終章・愛と死」

【3】

シェアハウス

朝。エリ(水川あさみ)とオグリン(山崎樹範)が出社しようとしている。それを玄関で見送るルカ(上野樹里)とタケル(瑛太)。

(エリ)「じゃあ、明日。レース会場でね」
(ルカ)「うん」
(オグリン)「じゃあ」
(タケル)「いってらっしゃい」
(エリ)「いってきます」
(オグリン)「ミチルちゃん、帰ってこなかったね」
(エリ)「それは言わない。オグリン」

エリとオグリンが歩いていく。

(タケル)「でも、きっとレースには来るよ」
(ルカ)「そうかな?」
(タケル)「きっと来る」
(ルカ)「じゃあ、いってきます」
(タケル)「いってらっしゃい」

笑顔でシェアハウスを出るルカ。



この場面で瑛太(水島タケル)が着用していたTシャツ
ホワイトライン

瑛太(タケル)着用のフットボールTシャツ”ホワイトライン”取扱店
acoustics online store



シェアハウスから駅に向かうエリとオグリン。オグリンが何かに気付き、慌ててエリの腕をつかむ。

「エリさん、あれ!」

シャアハウスの近くの公園のベンチで座っている男・・・。宗佑だ!うつむいて座っている。振り返り、エリの姿を見ると、ベンチから立ち上がり、歩き出す宗佑。

「待ちなさいよ!」

エリが走って宗佑を追いかける。オグリンも慌てて後に続く。

「近くをうろついたり、乱暴したり。プレッシャーかけてるつもりかもしれないけど、私には効かないからね。かわいそうだなって思うだけ」

さらに宗佑に詰め寄るエリ。オグリンが心配そうにエリの後ろをついてくる。

「正直、そういうことばっかりしてると、ミチルちゃんの気持ちはどんどん冷めてくよ。しがみついてくる男なんて最低なんだから。少しは引くってことを覚えなさいよ!」
「エリさん、ちょっと・・・」

エリの剣幕に、心配したオグリンが声をかける。エリはさらに続ける。

「男なら引く。少し引いて、ミチルちゃんを楽にしてあげるの。なんでそんなことも分かんないのよ!」

そう言うと、足早に去っていくエリ。オグリンもついて行く。宗佑はうつむいたまま立っていた。


早足で歩くエリ。オグリンが後ろから話かける。

「あのさ・・・」

エリは立ち止まり、

「他人事じゃないんだからね」
「え?」
「男は、人に頼ってばっかじゃだめってこと。オグリンもさ、もう、奥さんトコ戻ったら?」
「・・・」
「ね」

呆然と立っているオグリン。エリはオグリンに背を向け、駅に向かう。


水川あさみ(滝川エリ)に衣装協力してる”GAS”取扱店
シック&シンプル



ミチルの実家


ミチルが、ちゃぶ台の上にあるゴミを片付けている。ビール瓶やつまみの袋などが散乱している。母(倍賞美津子)はテーブルで酒を飲んでいる。そこに健ちゃんが帰ってきた。

「千夏ちゃん」
「ああ」
「あっついなー」
「おかえり」
「現場の近くでよ、人足たちと飲んだから、おみやげ」
「あ、ありがとう」
「いいの飲んでな」
「あら、シュウマイ?」
「ああ」

黙々と片付けをするミチル。家の電話が鳴った。

「食べよ、食べよ」

母は電話に出る気配はない。ミチルが電話に出た。

「はい、藍田です」
「ミチル?」

ミチルの顔色が一瞬で変わる。宗佑からの電話だった。

「宗佑・・・」
「洋服とかなくて困ってるだろ。ウチにある君の荷物まとめたんだ。一度来てくれないか?合鍵も返してほしいし。今日、君の友達に言われたよ。男なら引けって」
「・・・」
「もう終わりにしようと思うんだ」


長澤まさみ(藍田美知留)に衣装協力している”ロペピクニック”




宗佑のマンション


ミチルがやってきた。マンションの前で深呼吸をして、入っていく。チャイムを鳴らすと、宗佑が出てきた。笑顔の宗佑。ミチルはこわばった表情。部屋に入ると、ミチルの荷物がまとめて置いてあった。

「荷物、ここにまとめといた」
「・・・ありがとう」

ミチルは、カバンから合鍵を取り出し、テーブルに置いた。

「じゃあ、もう行くね」

荷物に近づくミチル。

「待って。いまコーヒーいれるから」

そう言って、宗佑はマグカップにコーヒーを注いだ。ミチルは落ち着かない様子で部屋を見渡していた。すると、何かを見つけた。ベッドの近くにしゃがんで、それを手に取り、驚くミチル。それは・・・ミチルがルカに渡した赤い御守りだった。ミチルは、ルカの顔に切り傷があったことを思い出した。

「宗佑。ルカ、ここに来たの?」
「・・・」

ミチルに振り返る宗佑。

「・・・うん。来たよ。アイツが、君を好きなのは知ってるだろ?」
「・・・」
「初めてアイツを見たときに思ったんだ。僕らの仲を裂こうとするヤツがいるとしたら、コイツだって。思ったとおり、邪魔しにやって来た」
「どういうこと?」
「あいつ、バカなんだ。力ずくで、君を守れると思ってる。力なんかないくせに」

『ルカは、命がけで、ミチルちゃんを守ろうとしてるんだから』

タケルの言葉を思い出すミチル。

「ルカは、何て言ったの?」
「本当にミチルを愛してるのは、この私だ。だから絶対に渡さない」

宗佑は、さらに、ルカが『ミチルはこれから、いくらだって幸せになれる。その邪魔を、あんたにだけは絶対にさせない』と言ったことも伝えた。動揺するミチル。

御守りを握り締め、今までのルカのことを思い出す。

『タケルが好きなの?』と、タケルついて相談に乗ってくれたこと。
あの雨の日、ルカが公園まで迎えに来てくれたこと。
病院で、『私のミチルに触んな!』と言って身を呈して守ってくれたこと。
宗佑の暴力を受け、シェアハウスに逃げ込んだとき、倒れこむミチルをルカが受け止めてくれたこと。
4年振りに再会したときのこと。ルカの笑顔・・・。

ミチルの目から涙が溢れる。しかし、宗佑はさらに続ける・・・。

「アイツ、自分が男になったつもりで、君を守るとか、ほざいてた。でも、所詮は女だよ。上から押さえつけたら、ひとたまりもなかった」
「ルカに、何かしたの?」
「・・・」
「何をしたの?」

宗佑は笑いながら、イスに腰をかける。

「何もしちゃいないよ。ただ、あいつのプライドを、へし折ってやっただけだ」

ミチルは、宗佑に近づき、平手を見舞った。そして、荷物を持ってでて行こうとした。

「どこへ行くんだ」
「帰んだよ!」
「帰る?」
「ルカの・・・ ルカ達のところに帰るの!」

出て行こうとするミチルの腕をつかむ宗佑。

「帰さない」
「どうして?荷物をまとめてくれたんでしょ?カギを返せって言ったのは宗佑だよ!」
「そんなのは・・・ そうでもしなきゃ、君はここに来ないだろ!」
「ウソをついたの?またウソ?」

宗佑は、ミチルの腕を引っ張り、床に叩きつけた。馬乗りになり、頬を殴る。さらに殴ろうとする。

「やめて!」

ミチルが宗佑を突き飛ばす。後ろに倒れる宗佑。

「もう私は、宗佑のものじゃないんだよ!」

そう言って逃げ出そうとする。すると宗佑が、ミチルを脅す。

「あいつらが、どうなってもいいのか?」
「・・・」

立ち止まるミチル。後ろから宗佑は近づき、ミチルをベッドに投げ飛ばす。

「ミチル。君は誰にも渡さない」

ベッドに倒れているミチルに馬乗りになる。

「やめて!」

抵抗するミチル。逃げようとするが、腹を殴られ、息がつまる。宗佑は力ずくで、ミチルを押さえつけ、服を破る。絶叫するミチル・・・。


長澤まさみ(藍田美知留)が購入したスタンドライト




ミチルの服が床に落ちている。ベッドの上で、シーツに包まったミチルが、仰向けになり、呆然としている。宗佑はベッドの脇でしゃがんでいる。抜け殻のようになってしまったミチル。かすれるような声で・・・

「宗佑・・・」
「・・・」
「一つだけ・・・約束して・・・。私の友達に・・・二度と・・・手を出さないで・・・。ルカを・・・傷つけないで・・・。タケル君を・・・傷つけないで・・・。そう誓ってくれるなら・・・」

ミチルの目から涙が溢れ出る。

「私・・・ここにいてあげる・・・」
「・・・」
「宗佑と・・・何度でも・・・こうしてあげる・・・」

宗佑は、床から立ち上がって、ゆっくりベッドの上に上がり、ミチルのそばに座った。顔を触って、指で涙をふきとる。

「何で泣くの?ミチル」
「・・・」
「泣き止んでよ・・・」

無表情のミチル。涙がこぼれている。

「泣き止めよ!」

涙を流す宗佑。怒鳴って、握りこぶしをつくり、ミチルを殴ろうとする。しかし、殴ることができない。宗佑は力尽きたかのようにベッドから降り、ふすまを閉めた。

涙を流す宗佑。床に赤い御守りが落ちていた。それを拾い、見つめる。

紙袋を手に持って何かを取り出そうとするが、床に、写真の入った袋が落ちているのに気付き、それを拾いあげた。しゃがんで、写真の入った袋をあけて、写真を見る。

それは、シェアハウスでの思い出の写真だった。ミチル、ルカ、タケル、エリ、オグリンが写っている。パーティーのときの写真。ミチルとルカの写真。涙を流し、悲しそうに写真に見入る宗佑。

モトクロス場での集合写真、バーベキュー大会の写真。ミチルの笑顔。シェアハウスの仲間達と一緒に笑っている。涙を拭いながら、写真を見続ける。ミチルとルカの写真。満面の笑顔の二人・・・。

宗佑の目から、とめどもなく涙がこぼれ落ちる。シェアハウスの前での集合写真。タケル、ルカ、エリ、オグリンに囲まれて微笑むミチル。みんなの笑顔。宗佑は、写真を床に置き、手で顔を覆って、声を殺して泣いた。




Eterno Amoreと書いてある大きな箱のフタが開いている。中には何もない。

ミチルが目を開けた。シーツに包まったまま。あのまま寝てしまったのか・・・。ベッドから起き上がるミチル。人の気配はない。


モトクロス場


全日本選手権。たくさんの観客の中、スタート地点に向かってバイクを押して歩くルカ。観客席を見ると、父(平田満)、母(朝加真由美)、弟(長島弘宜)の姿が。ルカを見てうなずく父。母はルカを見ることができず、目を伏せてしまう。弟も戸惑った様子。父が母の手を握る。すると、母もルカを見て笑ってうなずく。それを見て笑ってうなずくルカ。父は弟の背中を触って合図をする。弟は、『優勝ねらえ 岸本瑠可』と書かれた幕を持って立ち上がる。

「お姉ちゃん、がんばってね!」

笑顔で声をかける。笑ってうなずくルカ。


宗佑のマンション


ミチルがふすまをそっと開ける。すると、ソファーの上で宗佑が寝ていた。宗佑に近づくミチル。宗佑の異変に気付き、戸惑う。目には涙。ソファーの正面へに歩く。


モトクロス場


「55番ヤマナカ マサミ、126番セキモト ケイタ、27番キシモト ルカ」

アナウンスで出場選手が紹介されている。スタート直前。林田が、スターティング・グリッドに並んでいるルカの肩に手をかけ、親指を立てる。ルカがガッツポーズ。

「ルカー!しっかり!」
「ルカちゃん、がんばれ!」

たくさんの観客の中、声援を送るエリとオグリン。タケルの姿も。タケルと目が合い、大きくうなずくルカ。タケルもうなずく。

スタート15秒前。

ルカの指が何かを探している。いつもハンドルにぶら下げている赤い御守りがない。

(ルカ)
《ミチル。行くよ》

スタート!土煙を上げ、一斉にスタートするバイク。ルカの戦いが始まった。


宗佑のマンション


ウエディングドレスを抱きしめたまま眠る宗佑。右手の手首から大量の血が流れている。鮮血がポタポタと床に落ちている。呆然と見つめるミチル。

第10話 了

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」より


「ラスト・フレンズ」の衣装協力している”SUPER HAKKA””H.A.K”販売サイト




スポンサーサイト

テーマ:ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lastfriends.blog71.fc2.com/tb.php/134-822d8859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。