FC2ブログ
フジテレビドラマ ラストフレンズ
フジテレビドラマ 「ラストフレンズ」(長澤まさみ/上野樹里/瑛太/錦戸亮/水川まさみ 出演)について語るブログ/特ダネ/特選情報
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



最近の記事



全記事タイトルリンク一覧

このブログの全記事を一覧形式で表示できます

全ての記事を表示する



FC2ブックマーク



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

ミチルカ

Author:ミチルカ
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第7話(5)ストーリーシナリオ
長澤まさみ(藍田美知留)が使用しているバック cal ホースレザートート
美知留 バック

cal(カル)取扱店
長崎出島鞄倶楽部



フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」 第7話(5)ストーリーシナリオ

セリフ・ストーリーを完全に再現します!

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」

第7話「残酷な現実」

【5】



ダイニングで、ミチル(長澤まさみ)、ルカ(上野樹里)、タケル(瑛太)、エリ(水川あさみ)、小倉(山崎樹範)の5人が食事をしている。しかし、会話はなく、重苦しく気まずい雰囲気だ。すると突然ルカが立ち上がり、食器をシンクに置いた。

「もういいの?」

タケルが問い掛けるが、ルカは黙ったまま、食器を片付けている。

「どうしたの?」

心配したエリがルカに声をかける。ルカは無言。

「ルカ。何かあったなら、言った方がいいよ。みんなで考えてあげられることかもしれないし」

ミチルが言う。ルカは、

(ルカ)「今、スランプなんだ。練習でいいタイムが出せない」
(ミチル)「ホントに?」
(ルカ)「そうだよ」
(エリ)「今までも何回かあったもんね。大丈夫だよ、また乗り越えられるから」
(小倉)「あっ!こんな時間だ。ね、エリさん、行かないと、これ」
(エリ)「うん、ごちそうさまでした。行ってきます」
(小倉)「これ、ごめんね」

エリと小倉が慌ててダイニングを出て行った。

(ミチル)「いってらっしゃい」
(タケル)「いってらっしゃい」
(エリ)「いってきます」
(ルカ)「私、練習まで時間あるから、寝るわ」

そう言うと、ルカもダイニングを出て、リビングのソファーに寝転がった。

「ルカ!」

ミチルが声をかける。

「昨日練習がハードだったから疲れてんだ」

ため息をつき、袖で顔を隠し、ソファーで寝転ぶルカ。重苦しい雰囲気になった。すると、ミチルはタケルに宗佑のことを打ち明ける。

「私、宗佑と別れたよ」
「ちゃんと、さよならって言えたんだ」
「言えた。ちゃんと、別れられたよ」
「今度こそ、諦めてくれるといいね」
「ルカ、聞いてる?」

リビングにいるルカに声をかけるタケル。

「ああ、聞こえた。よかったんじゃない?」

二人のことを見ることもなく、ぶっきらぼうに答えるルカ。すると、ソファーから立ち上がり、玄関に向かう。

「そろそろ行くわ」

バタンとドアが閉まった。タケルもミチルも困惑した表情。

「洗い物しちゃおうかな」

そう言って立ち上がり、食器の片付けを始めるミチル。

「うん、俺も手伝うよ」

二人で食器を片付ける。タケルがふとリビングに目をやる。ルカが横になっていたソファーに、ルカの青い携帯電話があった。一瞬、何かを考えるが、再び片付けを始めるタケル。

「昨日の夜、泣いてたね。彼のこと思い出して?」
「何でも分かっちゃうんだね、タケル君は。宗佑のことを考えるとね、絶対に戻れない、キレイな、懐かしい場所を思い出してるみたいに、悲しくなる・・・。変だよね。本当は地獄だったのに・・・」
「・・・分かるよ」
「分かるの?」
「俺にもそういう経験あるから・・・」
「そういう・・・って?」
「・・・大好きだった人を・・・あとで・・・大嫌いになったことがある」

タケルのことを見つめるミチル。

「大丈夫だよ。きっと、少しずつ変わっていく。うん・・・、好きな人もできて、友達もできて、紛れていく。心に傷が残っても、自分でなだめられるくらい、小さくなるから・・・」

タケルがそう言って、食器を洗い始めると、ミチルが顔をタケルの肩にくっつけるように寄り添ってきた。びっくりするタケル。

「好きになっても・・・いいかな?」

ミチルの言葉に驚き、当惑するタケル。

「タケル君のこと・・・好きになっても・・・いいのかな・・・?」

タケルに寄り添うミチル。なんと、ルカがそれを見ていた。携帯電話を取りに戻ってきたのか・・・。タケルは、戸惑いながらも、静かにミチルの肩に手をかける。動揺するルカ。

ルカはそっと玄関のドアを閉め、外に出た。そのままドアにもたれかかる。そして歩き出す。そのとき、植木鉢を倒してしまう。植木鉢が倒れる音に気付き、ハッするタケルとミチル。二人で玄関の方を振り返る。タケルが玄関の方に向かおうとする。すると、ルカの携帯電話がなくなっていることに気付いた。タケルはルカがそこにいたことがわかった。

(ミチル)
《人と人の絆は、本当にはかなくて、愛は、淡雪みたいに壊れやすい。ルカ。あのとき、私があなたといられる時間、私の、幸せの残り時間は、思ったより、ずっと少なかった。》


この場面で長澤まさみが着用していた衣装"ロペピクニック"
チュニックヨーク

"ロペピクニック"取扱店




空港のターミナル。制服姿のエリが歩いている。すると、カフェで、小倉と、小倉の妻が楽しそうに会話をしているのを見てしまう。笑顔の二人。立ち止まり、ショックを受けるエリ。再び歩き出す。しかし、足が止まる。しばらくして、ため息をつき、また歩き出す・・・。


シェアハウス。ミチルが玄関から外に出た。ドアを閉め、ドアに寄りかかる。タケルは、キッチンで一人、立っている。一点を見つめ呆然としている。


宗佑(錦戸亮)と直也(澁谷武尊)が二人で歩いている。笑顔の宗佑と子供。宗佑は買い物袋を持っている。踏み切りのところで、突然、子供が足を止めた。踏み切りの向こうを見ている。子供の視線の先には、カップルがいた。二人は腕を組み、楽しそうに歩いている。すると子供が、

「ママ!」

と叫んで、遮断機をくぐって中へと走って入っていった。が、転んでしまう。電車が接近してきた。

「あぶない!」

荷物を投げ出して、宗佑が遮断機をくぐって子供を助けようとする。電車が迫ってくる。子供を抱きかかえ、電車をかわそうとする宗佑。猛スピードで通過する電車。道には、宗佑のカバンと、買い物袋が。二人はどうなってしまったのか・・・。


シェアハウス。ドアにもたれかかっていたミチルが何かに気がついた。植木鉢が倒れている。それを見て、驚き動揺する。周囲を見渡す。これから起こる悲劇を予感したのか、言い知れぬ恐怖を感じ、怯えるミチル。


第7話 了

フジテレビ ドラマ「ラスト・フレンズ」より

瑛太(水島タケル)が使用しているバッグ(GOLDEN BAMBOO)。色はシルバー。



スポンサーサイト

テーマ:ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lastfriends.blog71.fc2.com/tb.php/97-dc4e106a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。